この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

好印象に見える書き方

笑った顔がおすすめ

写真を撮る時は、笑ってください。
緊張していると、真顔になってしまいます。
しかし真顔では怖いという印象を与えるので、合格率が下がります。
笑うことで、面接官の記憶に残りやすいでしょう。
何枚か写真を撮ると慣れるので、最初は真顔でも次第に笑顔になれます。
どうしても緊張する人は、楽しいことを想像するのが良い方法です。

写真は頭から足のつま先までと、バストアップの写真の2種類が必要です。
どちらも笑顔になってください。
また全身の写真を撮る際は、ポーズにも注意してください。
きちんとポーズをとることで足が細長く見え、印象が良くなります。
背筋を伸ばしてしっかり立ちましょう。
モデルポーズを検索すると、参考画像がいくつか出ます。

プロに撮ってもらっても良い

自分で撮影するのは難しいので、家族や知り合いに頼む人が多いと思います。
ですが素人が撮影しても、あまり綺麗に撮れないかもしれません。
納得できる写真を撮影できなかったら、プロに頼んでも良いでしょう。
エントリーシート用の写真をお願いしたいと言うと、写真屋は受け付けてくれます。
写真屋に依頼すると費用が掛かるので、遠慮している人がいるでしょう。

しかし、変な写真ではシニアコースに入ることすらできません。
でも一般企業の面接のための写真でもありませんので、魅力を様々アピールできる写真が良いでしょう。
面接官の記憶に残るように、綺麗な写真を出しましょう。
シニアコースに入って、俳優になるという夢を叶えましょう。
そのための出費は惜しまないでください。
決して、無駄な出費にはなりません。